トップページお役立ち資料>ルーメン(Lumen)とワット(W)との関係

ルーメン(Lumen)とワット(W)との関係

エネルギーの単位と古典的な光の量の仲立ちをしたのが、683 ルーメン/W at λ555nm という値です。
緑の波長(λ =555nm)の光エネルギー 1Wは、光束で683ルーメンに相当するという定義です。 

  1 W = 683 Lm atλ=555nm × 比視感度係数

よって、波長555nmでは比視感度係数が「1.0」なので、1W=683Lm(ルーメン):「1mW=0.683Lm」

明所視標準比視感度
  • 波長635nmでは左グラフから比視感度係数は0.20となり、
    1W = 683×0.20=136Lm (1mW=0.136Lm) となります。
  • 波長532nmでは左グラフから比視感度係数は0.80となり、
    1W =683×0.80=546Lm(1mW=0.546Lm)となります。
  • 波長473nmでは左グラフから比視感度係数は約0.20となり、
    1W =683×0.20=136Lm (1mW=0.136Lm) となります。

参考までに波長473nmの1.0Lmは1÷136=7.4mWとなります。

波長別出力とルーメン(Lm)値 (参考)

 出力 473 nm 532 nm 635 nm
10 W 1360 Lm 5460 Lm 1360 Lm
5 W 680 Lm 2730 Lm 680 Lm
1 W 136 Lm 546 Lm 136 Lm
500 mW 68 Lm 273 Lm 68 Lm
100 mW  13.6 Lm 54.6 Lm 13.6 Lm
50 mW 6.8 Lm 27.3 Lm 6.8 Lm
10 mW 1.3 Lm 5.5 Lm 1.3 Lm

参考資料

光の単位 関係図

「光と光の記録」より


戻るお役立ち資料のトップページへ戻る

Copyright © Laser Create Corp. All Rights Reserved

ページトップ