トップページお役立ち資料>半導体レーザーの平均寿命について

半導体レーザーの平均寿命について

  • 半導体レーザーの平均寿命は、一般的な連続点灯時(動作時間)約10,000時間です。
    (連続点灯時の半導体レーザー素子のケース温度が25℃の場合です。)


  • 半導体レーザーの寿命は動作環境(使用温度上昇、静電気、電源ノイズ等)に依存します。

    使用温度が高くなると寿命は短くなります。
    (例として、温度が10℃上がるごとに寿命が半分に減ると一般的に言われております。)

    静電気放電(ESD)は半導体レーザーの早期故障(突然の非発光)につながります。
    (使用時の電源アースの確実な接続や保管・運搬時は帯電防止処理袋等を用いて下さい。)

    電源のスパイク的なノイズは大きな光出力を発生させ、寿命を短くする内部損傷が起こります。
    (レーザーモジュール等への外部供給電源はノイズの少ない電源を使用して下さい。)


  • 半導体レーザーの長寿命化の為には、ヒートシンク等による放熱対策や必要最小限に
    レーザー出力を下げて使用する等の方策が有効になります。


戻るお役立ち資料のトップページへ戻る

Copyright © Laser Create Corp. All Rights Reserved

ページトップ